浮世絵風絵画-風景画|ギャラリー丸裸 ギャラリー丸裸では、浮世絵師歌川広重に魅せられたオーナーが、千光寺や尾道水道を始め、多々羅大橋や大三島、因島など、瀬戸内海沿いの街・尾道と、しまなみ海道を中心とした風景画から、似顔絵や人物画、物体画まで、様々なモチーフを浮世絵風に描いた作品を制作しております。オーダーでの制作も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

✧妖蔵伝✧

通常価格

¥38,000

(税込)

※商品価格以外に別途送料がかかります。

説明

軒先の向こうは、にわかに、暗雲がたちこめ、しだいに、雷が鳴り出した。

ササァ〜ッと、強い雨が降り出した。

7月。

 

梅雨の後半に形成されるこの暗雲と大雨。

川龜丿妖蔵は、煙管をプカプカさせながら、畳の部屋から軒先向こうを眺めていた。

『この時期の、かう云う雨、最高や。』

川龜丿妖蔵は、しみじみとそう思った。

『この山奥に住んどって、ホンマ良かった』

向こうにみえる大池には、いっぴきのスッポンがまだおる。

岩の上に、堂々たる構えでだ。かくいう雨が降ると云うに。

『ありゃ、つかまあて、喰うちゃりたいのう。今夜は、スッポン鍋にしやう。』

妖蔵は、さうして、

そのスッポンを捕まえた。蟹の籠でだ。さうして、ネギにしょうが、とうがらし、味噌、酒で、スッポンをぐつぐつ煮出した。

ようし、食べてみやう、そう云うで、スッポン鍋を、一人でたいらげた。

翌朝目が覚めると、この絵のごとき姿をしていた。

化け物のたぐいで、スッポンの神、鼈神(べつしん)が憑依したのだと云う。

妖蔵は、鼈神から授かった、鼈神蛇毒酒(べつしんじゃどくしゅ)を飲み干し、鼈神のもつ㊙奥義の型を体得したのだ。

関連商品

この商品が紹介された特集

浮世絵風絵画-風景画、似顔絵、人物画|ギャラリー丸裸

浮世絵風絵画-風景画|ギャラリー丸裸

ギャラリー丸裸では、歌川広重に魅せられたオーナーが、
千光寺や尾道水道を始め、多々羅大橋や大三島、因島など、瀬戸内海沿いの街・尾道と、
しまなみ海道を中心とした風景画から、似顔絵や人物画、物体画まで、様々なモチーフを浮世絵風に描いた作品を制作しております。
オーダーでの制作も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

屋号 ギャラリー丸裸
住所 〒729-0104
広島県福山市松永町4-6-2-203
電話番号 090-3686-6344
営業時間 8:00~24:00
代表者名 丸畑 修二郎 (マルハタ シュウジロウ)
E-mail info@gallery-maruhadaka.com

コメントは受け付けていません。

浮世絵風絵画-風景画|ギャラリー丸裸 ギャラリー丸裸では、浮世絵師歌川広重に魅せられたオーナーが、千光寺や尾道水道を始め、多々羅大橋や大三島、因島など、瀬戸内海沿いの街・尾道と、しまなみ海道を中心とした風景画から、似顔絵や人物画、物体画まで、様々なモチーフを浮世絵風に描いた作品を制作しております。オーダーでの制作も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

〒729-0104
広島県福山市松永町4-6-2-203

090-3686-6344

8:00~24:00