浮世絵風絵画-風景画、似顔絵、人物画|ギャラリー丸裸 ギャラリー丸裸では、浮世絵師歌川広重に魅せられたオーナーが、千光寺や尾道水道を始め、多々羅大橋や大三島、因島など、瀬戸内海沿いの街・尾道と、しまなみ海道を中心とした風景画から、似顔絵や人物画、物体画まで、様々なモチーフを浮世絵風に描いた作品を制作しております。オーダーでの制作も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

丸裸自伝 第一章 冒険篇その1

「おれもいまこうやって独りで、家に帰りょうる、松谷先生が読んでくれた本みたいに。」

 

なにせ、万作は以下のようなことに、感銘して、帰りしな思い浮かべていた。

 

この本の舞台は、東京小金井市。

緑豊かで、しかし、人は多く、車は行き交い、にぎやかな場所だ。

このどこかに、太郎の通う小学校はあり、この小学校から家までの、実に不思議な、ミステリアスな感覚に見舞われたことにある。  

 

独りの小学生が、授業を終え、帰っている。

途中、いろいろな大人が、太郎の横を通過していく。いろいろな車が、歩道の横を通過していく。

八百屋や豆腐屋、泥鰌屋、駄菓子屋が並ぶ路地を太郎は通過していく。

太郎を取り巻くこれらは、太郎にとって、興味深いおもしろい相手であると同時に、なにか大人が生み出した大都会の片隅を、まだあどけないランドセルを背負った少年が独り歩いていく。

 

そして、便所をみつけ、くだるような下痢から開放された。商店街の一角にあるその薄暗い便所をでた太郎は、ふたたび家に向かって歩いていった。彼方が薄暗く描かれた絵とともに。

 

 

万作は、以上のような心境と、本に描かれていた薄暗い便所、薄暗い路地、薄暗い色使いにも、大いに不思議な感覚を抱いたのだった。

 

浮世絵風絵画-風景画、似顔絵、人物画|ギャラリー丸裸

浮世絵風絵画-風景画、似顔絵、人物画|ギャラリー丸裸

ギャラリー丸裸では、歌川広重に魅せられたオーナーが、
千光寺や尾道水道を始め、多々羅大橋や大三島、因島など、瀬戸内海沿いの街・尾道と、
しまなみ海道を中心とした風景画から、似顔絵や人物画、物体画まで、様々なモチーフを浮世絵風に描いた作品を制作しております。
オーダーでの制作も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

屋号 ギャラリー丸裸
住所 〒729-0104
広島県福山市松永町4-6-2-203
電話番号 090-3686-6344
営業時間 8:00~24:00
代表者名 丸畑 修二郎 (マルハタ シュウジロウ)
E-mail info@gallery-maruhadaka.com

コメントは受け付けていません。

特集

浮世絵風絵画-風景画、似顔絵、人物画|ギャラリー丸裸 ギャラリー丸裸では、浮世絵師歌川広重に魅せられたオーナーが、千光寺や尾道水道を始め、多々羅大橋や大三島、因島など、瀬戸内海沿いの街・尾道と、しまなみ海道を中心とした風景画から、似顔絵や人物画、物体画まで、様々なモチーフを浮世絵風に描いた作品を制作しております。オーダーでの制作も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

〒729-0104
広島県福山市松永町4-6-2-203

090-3686-6344

8:00~24:00